映画『タクミくんシリーズ』

2023年、新シリーズ映画化決定!

原作 ごとうしのぶ(角川ルビー文庫刊)/主演 森下紫温 加藤大悟/監督 横井健司

ごとうしのぶ先生コメント

小説家デビュー30周年の今年、光栄なことに、タクミくんシリーズ6作目の映画が作られることになりました。

まずは、これまで5作も作っていただけたことに、とても感謝しております。
当時劇場で観てくださったり、DVDなどで観てくださったり、応援してくださった方々のおかげであり、
制作にかかわってくださったスタッフの方々のおかげであり、
体当たりの熱い演技を映像に刻んでくださったキャストの方々のおかげです。
ありがとうございます。

あれから、原作はひとつの区切りを迎えました。
タクミくんシリーズの高校生編が最終回を迎え、
物語の結末が、明らかになっています。
今は大学生編や社会人編へと続いておりますが、それは横へ措かせていただき、
高校生だった彼らの物語を、時系列順に並べて、まとめた、
「タクミくんシリーズ完全版(全11巻)」
が、ルビー文庫より出版されております。

今回の6作目の映画は、その完全版を元に制作されています。
「長い長い物語の始まりの朝。」
「暁を待つまで」
「そして春風にささやいて」
の3タイトルを使い、
原作にエンドマークがついたからこその、ストーリー構成となっています。

横井監督にはぜひにと続投をお願いしましたが、
キャストはガラリと一新されます。
主役に関しては、
葉山託生役は森下紫温さん
崎義一役は加藤大悟さん
の、おふたりに、演じていただくことになりました。

現在は日本だけでなくアジア各国でBLの実写作品が花盛りですが、
BL映画の先駆けの頃に作られた1作目、
右も左もわからぬ中、果敢に挑戦してくださった1作目のおふたり、
2作目以降を演じてくださったおふたりも、
主役を引き継ぐプレッシャーにたいそう緊張しながらも、
自分たちらしさを窮めていこうと努力してらしたことを、
昨日のことのように覚えています。

そうしてバトンが渡されて、
年月を経て、再び、新作映画が作られることは、
原作者として、光栄以外のなにものでもありません。

新しいキャストで、どのようなタクミくんの世界を作っていただけるのか、
とてもとても、楽しみです。
みなさまにも、ぜひ、楽しみにしていただきたいですし、
新キャストでのタクミくんシリーズを、ぜひとも応援していただきたく思います。

ごとうしのぶ